里見勝蔵 :(さとみ かつぞう) 京都生。関西美術院で鹿子木孟郎に、また東美校西洋画科に学ぶ。安井曽太郎・セザンヌに傾倒、フォーヴィズムの影響も受ける。二科展・院展で活躍する一方、前田寛治・佐伯祐三らと1930年協会を設立。のち児島善三郎らと独立美術協会を創立した。戦後は国画会会員となった。著書に『ブラマンク』等がある。昭和56年(1981)歿、85才。


絵画・販売・画家・彫刻