脇田和 :(わきた かず) 1908年 東京都港区青山に生まれる。青山学院中等部中退(1923年)。 青山学院中等部中退後、ドイツに渡りベルリン国立美術学校に入学、洋画を習う。同校卒業時(1930年)に美術学校より金メダルを受賞する。1932年太平洋画会に入選し、翌年には帝展に入選する。戦時中、フィリピンのマニラで水彩画を描いている。1936年新制作派協会(現在の新制作協会)の結成に加わり、以後同協会展に出品を重ねる。敗戦後、大部分の作品を戦火によって失うも制作を続ける。1955年日本国際美術展で最優秀賞。1956年グッケンハイム国際美術展国内賞を受賞。1964年、東京芸術大学助教授となり、1970年まで同校で教授を務める。1991年勲四等旭日小綬章。1998年文化功労者。2005年逝去。


絵画・販売・画家・彫刻