鷹山宇一 : (たかやま ういち) 1908年 青森県に生まれる。 /1915年 七戸尋常高等小学校入学。歌人青山哀囚と出会い、芸術への関心が高まる。 /1922年 旧制青森中学校に入学。棟方志功、松木満史らの青光画社に加わる。 /1927年 上京後、川端画学校に入学しデッサンを学ぶ。日本美術学校洋画科へ編入。 /1930年 第17回二科展に木版作品が初入選。 /1938年 二科展出品の若手前衛作家により「絶対象派協会」を結成。二科会の前衛作家による「九室会」に参加。 /1959年 二科会とサロン・ド・コンパレゾンとの交換展(パリ国立近代美術館)に出品。 /1961年 二科会の理事制に伴い、東郷青児理事長のもと理事に就任。 /1994年 郷里に七戸町立鷹山宇一記念美術館開館、名誉館長となる。 /1999年 逝去。


絵画・販売・画家・彫刻