金山平三 : (かなやま へいぞう) 神戸生。東美校卒。黒田清輝に師事する。渡仏後、文展で活躍。松田改組の際官展を去り、孤高の道を歩む。写生旅行に基づいた澄明な風景画を描く。晩年は歌舞伎絵をよくした。芸術院会員。昭和39年(1964)歿、80才。


絵画・販売・画家・彫刻