織田広喜 :(おだ ひろき)1914年 福岡県嘉穂郡千手村に生まれる。1934年 日本美術学校絵画科入学。1938年 「みずゑ」主幹の木下正男邸に書生としてつとめる。1939年 日本美術学校西洋画科卒業。1940年 第27回二科美術展に『未完成(室内)』が初入選。1946年 第31回二科美術展で『黒装』が二科賞受賞、二科会会員に推挙さる。1960年 初めての渡仏、翌年6月に帰国する。1967年 第6回国際形象展の招待出品作で愛知県美術館賞を受賞。1968年 第53回二科展で内閣総理大臣賞を受賞。1971年 パリで個展開催、第56回二科展で青児賞受賞。1973年 パリで個展開催。1980年 二科会常務理事となる。1982年 福岡市美術館で初期作から新作まで110点余の個展。1990年 ニューヨークで個展開催。1992年 勲4等瑞宝章を受章。1994年 ミュゼ・オダ開館。1995年 恩賜賞・第51回芸術院賞受賞、芸術院会員に就任。1996年 碓井町立織田廣喜美術館開館。2012年 逝去(98歳)


絵画・画家・彫刻