藤本東一郎 : (ふじもと とういちろう)1913年 静岡県に生まれる。 1931年 川端画学校に入学。 1933年 寺内萬治郎に師事。 1939年 第26回光風会に初入選、F氏賞を受賞、第3回海洋美術展にて海軍協力賞を受賞。 1940年 東京美術学校油画科(藤島武二教室)を卒業、大橋賞受賞、第4回海洋美術展にて朝日新聞社賞受賞。 1951年 東京都美術館が作品買上げ。 1953年 渡仏し、パリのグラン・ショーミエールに学ぶ。 1959年 日展審査員。 1960年 日展会員。 1967年 日本美術家連盟理事。 1972年 光風会理事。 1977年 文化庁主催第16回県展選抜展にて文部大臣賞選考委員となる。 1981年 第13回日展文部大臣賞を受賞。 1989年 第4回小山敬三美術賞。 1990年 金沢美術工芸大学客員教授就任。 1991年 勲四等瑞宝章受賞。 1992年 日本芸術院賞恩賜賞を受賞、日展理事に就任。 1993年 日本芸術院会員に推挙される。 1998年 逝去。


絵画・販売・画家・彫刻