中川一政 : (なかがわ かずまさ)東京生。独学で油絵を始めるが、巽画会入選作が岸田劉生の目にとまり草土社に参加、又「白樺」同人と交友をもった。二科賞受賞後、春陽会創立に参加し、最期まで同会を活動の中心とする一方、小杉放庵発起となる老荘会に加わって中国古典にも親しんだ。自由奔放な色彩と筆致による油彩の他、水墨画・書・陶芸も手がけ、また随筆家としても知られた。文化勲章受章。平成3年(1991)歿、97才。


絵画・販売