東郷青児 :(とうごう せいじ)鹿児島県生。名は鉄春。青山学院中等部卒業後、有島生馬に師事する。のち渡仏し、リヨンの美術学校に学ぶ。幻想的・装飾的な独自の女性像を描くことで、才能を示し、戦後は二科会の再建に尽力した。日本芸術院賞受賞。二科会会長・日本芸術院会員。文化功労者。昭和53年(1978)歿、80才。


絵画・販売・画家・彫刻