梶喜一 :(かじ きいち)京都生。初号は崇樹。京都絵専卒。都路華香・西村五雲・山口華楊に師事する。鯉の画の名手として知られる。日展会員・審査員。日展特選・白寿賞受賞。昭和55年(1980)歿、75才。


絵画・販売・画家・彫刻