片岡球子 :(かたおか たまこ)北海道札幌市出身。1926年(大正15・昭和元年)女子美術専門学校(現女子美術大学)日本画科高等科卒業。卒業後は神奈川県立横浜市大岡尋常高等小学校に勤めながら創作を続ける。帝展(現日展)に三度落選、1930年(昭和5年)第17回日本美術院展に「枇杷」で初入選。その後、何回もの落選を経験するが、1939年(昭和14年)第26回院展に「緑陰」が入選し院友に推挙され、以後は毎回入選する。1955年(昭和30年)に横浜市立大岡小学校を依願退職し、女子美術大学日本画科専任講師となる。1960年(昭和35年)に助教授、1965年(昭和40年)には教授となる。1966年(昭和41年)に愛知県立芸術大学が開校、日本画科主任教授、1973年(昭和48年)より客員教授。 1976年(昭和51年)勲三等瑞宝章受賞、1986年(昭和61年)文化功労者に選出、1989年(平成元年)文化勲章受賞。2008年1月16日逝去、103歳


絵画・販売・画家・彫刻