絵画・ネット販売

レオン・バッティスタ・アルベルティは,その芸術理論,数学,建築,法学,神学等々の多面的な様相を帯びた活動において,その15世紀という活動期における万能人というルネサンス的な人文主義者の相貌を体現している.そして,いくつかの教会建築....たとえば,フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂正面部,そして集中式教会建築として,マントヴァのサン・セバスティアーノ聖堂など....の実現と同時に,彼の『絵画論』(1435),『建築論』(1452)等の著作によって,この時代の芸術の理論的な次元を分析的かつ綜合的に記述する作業によって,さらにこの時代をこえて,西欧の芸術の理論形式を方向づけたとも言えるだろう.  ところで,三部構成からなるアルベルティの『絵画論』は,自らの同時代の,そしてさらにそれに続く時代の画家たちに提示された,絵画制作への入門書の体裁をとっているが,とはいえ,それは単なる技法的な次元のイニシエーションの書物ではなく,おそらく真の意味で技術的なものであったと言えるかもしれない.しかも,この著作を特徴づけているのは,第二部,第三部でくり拡げられている,絵画のいわば倫理的な次元の問題群と,第一部の分析的な絵画技術体系の記述とが組み合わせられている点にあると言ってもよいだろう.  そこで,ここではもっぱら同書の第一部で展開される分析的な....記号論的とも言えるかもしれない....記述に注目してみることにしよう.アルベルティ自身,この第一部を,数学者としてではなく画家として記述するという留保をつけたうえで,絵画芸術を数学的な視点から検討するという意志を,その冒頭で示している.  まず,最初に,アルベルティは,点,線,面といういわば造型的な基本単位の検討から開始するのだが,この点で,造型芸術の文法体系を構成する最小単位の規定の試みとして,20世紀のクレーやカンディンスキーの試みにまで連続する系譜を想像してみることもできるだろう.だが,アルベルティのテクストを特徴づけるのは,面がもっぱら視線....あるいは,「視的光線」....との関係において思考される点である.そして,面に対する視線が3つの型に分類され(外部光線,媒介光線,中心光線),さらに,それが,視覚的なピラミッドの構成と関連づけられている.ここに,いわゆる遠近法という視覚の体系の理論化の徴候をみてとることができるだろう. 「この事は,直観力を与えられた各々の画家が,一つの面を描こうとする時,描かれる対象物がもっとも良く見えるようにピラミッドの頂点と角度を求めたかのような距離に場所をとっていることによっても証明されよう.しかし,画家が視的ピラミッドに集約されるいくつかの面を描こうとする壁や画板など....これは唯一つの面である....の場合には,このピラミッドをどこか一定の場所で[横に]截ると都合がよいだろう.そうすれば,画家は,自分の線によってそれに似た輪郭や色を表わし得るであろうから.絵を眺める者は,その絵が前に述べたようにして描かれたものであれば,視的ピラミッドの一截断面を見ることになろう.それ故,絵画とは,与えられた距離と視点と光に応じて或る面上に線と色とを以て人為的に表現されたピラミッドの截断面に外ならない」 「学習院大学の研究から」 本研究は、レオナルドのリテラルな遺産である「絵画論」(ウルビーノ稿本、以下稿本と呼ぶ)についての総括的な研究である。即ち、申請者のかつての「ウルビーノ稿本第1・2部に関する研究」をふまえて、第3部以下第8部までの、絵画技法を扱う部分を、写本や各種翻訳を参照しながら、逐一読み上げて行き、最終的には稿本の信憑性、したがって西洋美術史上に於ける稿本の意味を確かめることを目的としている。 稿本は決して読み易い資料ではない。全体は15-6世紀のトスカナ話のマヌスクリプトからの写本であり、筆写生は16世紀のロンバルディア生まれの画家フランチェスコ・メルツィと考えられている。 1.本研究の初年度である昭和59年度では、諸写本と数種の翻訳をたよりに、ウルビーノ稿本の全体を通読することから初め、 2.第2年次の昭和60年度では、昭和59年度において理解し得なかった箇所を重ねて精査・検討し、類似の用語を収集し、全体を読み返す作業を進め、 3.第3年次である昭和61年度では、理解しかねて残された箇所を再吟味すると共に、稿本に添えられている挿図の分類・整理、また今日に伝えられている原手稿と照合可能な60点についての比較・検討を行うことが出来た。 以上の研究成果のうち、すでに論文の形で発表済みの数篇のほか、昭和62年秋の国際学会での講演、また「ウルビ-ノ稿本の挿図研究」なる小論文が準備されている。 「野崎窮の研究」 〜表現すること〜 2 0 数年前, 埼玉の山奥での彫刻制作を中軸にした生活から, 鳴門教育大学という教員 養成機関での生活が始まり,現在に至っている。大学に勤め始めて最初におこなったこと は, 附属図書館に行き美術及び美術教育に関する図書で興味がわいたものを読むことであ った。具体的な目標として,学術的な環境に早く慣れることと,自身の彫刻論をまとめる ために,他の作家のものを読んでみたいと思ったからだ。 その中で一番気になった本がこれから紹介する本である。実は本当に著者の意図すると ころを理解しているかは今でも自信がない。ただ,現代に生きる作家として思いあまる感 情・情念で彫刻を創ることや,あるいは自然が美しいことに感動してその美しさをそのま ま素直に表現することに疑問を持っていた自分にとって,共感できる考えがこの本にあっ た。そして,その後の制作活動に影響を与えている。 著者は画家であり,美術大学の先生でもあった。1940 年に生まれ, 2012 年に亡くなっ ている。1972 年にヴェネチア・ビエンナーレに参加する等の活躍があった。尚,著書はこ の他にも「20 世紀美術」等がある。戦後の日本における重要な画家の一人であると思う。 この本を読んで考えたことは, 表現することにおけるものの「見方」, あるいは「考え 方」である。美術の歴史は様々な変遷があり,現代の多様な表現に至っている。その先行 研究から, お前の行っている表現はどのような価値があるのだと間接的に問われているよ うな気がした。その意味でこの本は,私にとって一人の教師であると思っている。 「レオナルドダヴィンチ絵画論」 この手記の序に選ばれた言葉群には、「経験の弟子レオナルド・ダ・ヴィンチ」とともに「権威をひいて論ずるものは才能にあらず」の文句がある。そして、青年時代のぼくを驚かせた「十分に終わりのことを考えよ。まず最初に終わりを考慮せよ」が出てくる。  この「終わりを考えよ」という示唆は、文章ばかりが好きなテキスト派の知識人たちには見当のつきにくいことかもしれない。なぜ「終わり」が重要なのか。けれども、彫刻や建築を一度でも仕事にしたか、あるいは考えてみた者にとっては、ごくあたりまえのことになる。また、近代以前の絵画を学習した者にとっても当然な示唆になる。が、このあたりまえのことに最初に気が付いたのがレオナルドだった。  『手記』をモンテーニュやパスカルの随想録のように読むことは可能である。随所に「自分に害なき悪は自分に益なき善にひとしい」とか「想像力は諸感覚の手綱である」といった章句がちりばめられているからだ。   なかには、「感性は地上のものである。理性は観照するとき感性の外に立つ」「点とは精神も分割しえないものである」といったヴィトゲンシュタイン顔負けの章句もあるし、「われわれをめぐるもろもろの物象のなかでも、無の存在は趣意を占める」といったハイデガー顔負けの章句も少なくない。  しかし、この『手記』に学ぶことはやはりその芸術論や視覚論である。芸術論といっても抽象的なものではなく、一種の名人の言葉や達人の言葉に近い。たとえば、レオナルドは彫刻と絵画を区別するにあたって、どうしたか。彫刻は上からの光に左右されるが、絵画はいたるところに光と影を携えられると見た。  「鋳物は型次第」というメモがある。なんでもないようだが、職人の達成を感じさせるメモである。とくにぼくが好きなのは「喉仏は必ずよっている足の踵の中心線上に存在しなければならぬ」といった“極意”のメモである。  絵画論のなかの白眉は、空気遠近法についてのレオナルドの見方がのべられている箇所だろうか。  ぼくにこの部分を読むように勧めてくれたのは、画家の中村宏であった。そして、ウィリアム・ライヒの理論との相似性について語ってくれた。  レオナルドは空気遠近法の実際を指導して、遠くのものを青色で描くようにしなさいと言っているのだが、その青色を探求したのがライヒだというのである。ぼくはライヒについてはすぐに読まなかったようにおもうが、やがてライヒに出会って驚いた。なんとライヒは「青色物質」を天空に採取しようとして、オルゴン・ボックスなるものを“発明”していたのだった。  レオナルドの影響は、このようなライヒに見られる特異なものから、ヴァレリーや花田清輝の思索をへて、渦巻の科学やヘリコプターの開発におよぶまで、まことに巨大な光陰を発している。その万能の天才ぶりにあらためて言及するのがみっともないほどである。  しかし、一度はレオナルドの『手記』は手にとってみたほうがいい。おそらく、諸君に名状しがたい自信をもたらすだろうからである。 「坂崎坦・日本画の精神」  坦は「しづか」である。明治20年生まれだから、村上華岳・安田靫彦・小村雪岱・九鬼周造・折口信夫らと同世代だが、一般にはほとんど知られていない。  早稲田から朝日新聞に入り、大正6年に『日本画談大観』を問うた。弱冠30歳。それからパリで3年ほど西洋美術を遊学して、晩年のモネが水蓮を描きつづけていたジヴェルニー邸などを松方幸次郎などともに訪れてもいる。  昭和に入って学芸部長になると多忙をきわめたらしいが、その渦中で『日本画論大観』『画論四種』『フランス絵画の研究』『西洋美術史概説』『ドラクロワ』を書いた。日本の美術史家には珍しく画論を俎上にのぼらせることに堪能だった。その成果が本書に結晶した。次男に坂崎乙郎さんがいる。  画論というのは、たとえば安西雲煙の『近世名家書画談』などが禅画を吟味しておもしろいにもかかわらず、画論の画論ともいうべきを議論する力量が問われるために、つまりいまふうにいえばテキスト解釈が難しいために、日本人はあまり手を出さない。  言葉から言葉へ亙って美術を議論できない。これは音楽議論にもあてはまることで、そういうことがあったから、小林秀雄がゴッホやモーツァルトを綴ったときにそこに人々は「批評」があることを知って驚いたのだった。  もうひとつ大問題があって、日本の絵画史そのものがほとんど画論をもってこなかった。江戸時代以前では、談話記録とはいえ雪舟の『天開図画楼記録』や等伯の『等伯画説』などまことに稀有なもので、これをもって日本人の近代の萌芽とはいえないまでも、ひとつの「出立」を記したといってもいいほどなのである。  したがって日本の画論の大半はやっと江戸時代が爛熟してからであって、それも元禄の土佐光起『本朝画法大伝』、狩野光納『本朝画史』、狩野永真『画道要訣』をのぞくと、おおかたは文人画が芽生えてからの、ようするに南宗派の画論ばかりが目立っている。しかし、その文人たちの南画論をちゃんと読む者がいなかった。そこを坂崎坦はざっと200冊をこえて読みこんだ。その感想を綴ったのが本書なのである。  ぼくは中国の画論をずっと読んできた。これは矢代幸雄や福永光司や長廣敏雄というすばらしい先達のおかげで、それなりに埋没できたのだが、長きにわたって日本画というか、大和絵や禅画や、江戸では国画という言い方も多かったのだが、その国画や、つまりは「和画」というもののおもしろみを、それなりの玄人の言葉で味わう機会に恵まれないでいた。  本書はその渇望を一挙に癒してくれた。恵みの雨というよりも、ゴクゴクと喉を潤す刺激飲料だった。これは読書ならではの醍醐味である。  たとえば桑山玉州の『玉州画趣』『絵事鄙言』。大雅が「本朝逸格の祖」であることを宣言したのは、この玉州が最初であった。ここには初めて和漢の徹底した切り離しが強調されている。茶の湯が珠光の「和漢のさかいをまぎらかす」をもって草庵の侘茶をおこしたのは、たしかに日本の文化の大きな第一歩であったけれど、そしてそこに「国焼」という和物の大胆な促進がおこったことはその通りなのだが、それはまだ和漢を比較したうえでの「和」であって、ただひたすらの「和」というものではなかったかもしれない。それを南画はぶっちぎった。それを大雅が果たした、というのが玉州の画論の言いたいところなのである。  これをうけて中林竹洞の『画道金剛杵』や『竹洞画論』が、大雅・蕪村をならべて俳諧とも関連づけ、そこから雪舟という「起源」にさかのぼって跡づけた。これは初めて画論によって「歴史」を動いたというべき論調で、ここに日本人において初の「雪舟から大雅へ」という眼が生まれたわけだった。  しかし、ここまではまだしも跡づけである。近代の眼に映る意味での「批評」は少ない。  そこを踏み出したのが田能村竹田の『山中人饒舌』だった。竹田はもとよりその絵は群を抜いてすばらしいけれど、そのうえで画論があった。ぼくは本書で竹田の画論と出会えたことが大収穫だったのである。  竹田は「墨有つて筆なき狩野派」と「筆有つて墨なき雪舟派」を断じて、この両方から高速で離れていく。こういうことができたのは竹田だけである。ここでは議論はさしひかえるが、のちのアーネスト・フェノロサや、フェロノサによって開眼した天心でさえ、この高速脱出には成功していない。  その感覚をどう言ったらいいか迷うけれど、おそらくは「恬然」という言葉がぴったりだろう。恬然としての日本の南画。これが竹田が追求したかった日本画の魂だったのである。なぜ竹田がこのような手際を言葉にできたかは、本書では窺えない。きっと木村蒹葭堂との雑談がしからしむるところだったのではないか。  本書はこのほか実に夥しい画論を次から次へと俎上にあげて、これを片っ端から裁断している。  そのいちいちをいまは忘れたのが情けないが、渡辺崋山と椿椿山の画論と書簡はその後も親しんで、やはり本書のおかげで身に近くなったものだった。  ところで、本書はごく最近になってぺりかん社の「日本芸術名著選」に入った。このシリーズはかなり入手しにくくなった日本の芸術論の名著をひとつずつ復刊しようとしたもので、たいそうありがたい。すでに藤岡作太郎の『近世絵画史』、石井柏亭の『日本絵画三代志』、飯島虚心の『河鍋暁斎翁伝』、鶴沢道八の『道八芸談』などが入った。こういう刊行努力こそ、不景気に喘ぐ日本に危機意識をふりまく評論家たちの阿呆なアジテーションより、また、いつまでたっても下手くそな日本文化論を聞かされるより、よっぽど日本の将来に役立っている。続刊を期待している。 シルクスクリーン版画の歴史 シルクスクリーン版画の歴史は、木版や銅版画と比べてそんなに古くありません。 技法としては日本の捺染型紙による「染めもの」や、琉球の紅型(びんがた)、西洋の型抜き印刷(ステンシル)等が起源として考えられます ...
版画の歴史学んだよ。 日展・ 長谷川仂さん(中央)と柴田仁士さん(左端)から手ほどきを受け、版画の制作に挑戦するこども記者たち=愛知県長久手町の愛知県立大で. 版画って洋画だっけ? 名古屋・栄の愛知県美術館で開かれている総合美術展「日展東海 ...
紙がヨーロッパで本格的に普及し始めたのは15世紀になってからで、その頃になってやっと版画の歴史が始まったということになります。 なお、紙の原料ですが蔡倫(さいりん=紙の製法を集大成した中国の人)は、紙の原料として麻、ボロ布、魚網 ...
日本版画協会展の歴史はすなわちわが国の現代版画の歴史であり、その足跡は発展を続ける日本の版画の歩みそのものに他なりません。 日本版画協会は都美術館での協会展終了後、毎年全国の各地、各美術館を廻る巡回展を企画し、その度に多くの版画愛好家、 ...
イタリア語のGuazzo(水溜り、不透明水彩技法)から来た言葉といわれ、本来は絵の具 の名前ではなく不透明水彩技法を指した。 透明水彩に対し不透明水彩といわれるが、透明 水彩技法は産業革命後に絵の具が工業的に作られるようになってイギリスを中心に
水彩用画材のなかで、作品の出来を最も左右するのは紙と敢えて言います。紙の目の粗さ、吸水性、発色性、丈夫さなど要素が、描き味や画風に大きな影響を及ぼします。
それぞれはじめて体験する粉のパステル技法を楽しんでお帰りになりました。みなさまも どうぞ気軽に参加なさって下さい。お待ちしています。 檜山由紀子Neko展−パステル で描く猫たち−は、10月28日、今週の金曜日までです。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
本サイトは、油彩・テンペラ・フレスコなど、西洋絵画の画材と技法について勉強することを目的としています。どちらかというと専門家向けの内容です。本サイトのコンテンツの大部分は材料の解説およびその使用法に割かれています。また、絵画技術を勉強するうえで、重要な手がかりとなる資料、例えば、技法書、関連サイトの情報を集めて公開しています。加えて、さらにより多くの情報を交換するためにテーマ別の掲示板を用意しています。掲示板の詳細については、掲示板についてを御覧下さい。なお、このページの内容は、世の中の流れや利用状況を反映して、予告なく改訂することがあります。
このページを正しく表示するために、下記のURLをクリックしてください。 土曜講座の ページ. 現代洋画講座、技法材料論. 現代洋画講座、技法材料論. 基本の知識、その応用 高橋忠弥 マチエールとフワクチュール
創造的な経験を積み重ねることによって、確かな技法に支えられた自由な自己表現の道 を拓くことを目指しています。また、本コースでは、現代の幅広い絵画表現の根幹を成す 油彩技法の習得に重点を置き、基礎的なデッサンからスタート。
明治後期に黒田清輝や菱田春草が,〈将来は日本人の画いた絵をすべて日本画という可 し〉と唱えてより,日本画・洋画の定義論は行われており,最近は材料・技法も諸種混用 され語義があいまいになっていくが,一応,材料(絵の具)によって区別している者が ...
夜間講座, 新しい洋画技法教室, 内容, 百瀬 智宏, 第1・3火曜18:00〜20:15. 油絵 基礎6 か月, 内容, 岩浅 幸治, 第2・4土曜13:30〜16:00. 洋画 『人物』を描く 関原, 内容, 関原たいせい, 毎週水曜13:15〜15:45. 楽しく描く洋画教室,
効果的な技法が可能 透明度が高いためさまざまな水彩技法を効果的に表現できます。(水彩画 のテクニックを参照) ... 普通水彩絵具と言うとこの透明水彩絵具をさします。透明水彩 絵具の技法は豊富ですのでそれを活用していろいろな表現をします。
水彩絵具は、水に溶けやすく適当な水を加えるだけでさまざまな表現が楽しめ、乾燥が早く気軽に使える絵具です。広い意味ではグアッシュ(不透明水彩 )、ポスターカラー、テンぺラ、水墨画、日本画なども水彩のなかに入りますが、一般 に水彩というと透明水彩のことをさします。 水彩やグアッシュは、中世の挿し絵装飾、16世紀以降の細密画に使われていましたが、本格的に水彩 画として芸術家に使われだしたのは18世紀後半からで、ウィリアム・ブレイク(1757-1825)やJ・M・W・ターナー(1775-1851)などに代表されるイギリス人画家が有名です。これに対して、フランスなどヨーロッパ本土ではグアッシュが好んで使われたそうす。日本では明治期の前半イギリス人ワ−グマンが水彩 絵具を紹介したのが始まりで、日本の風土にとけ込み多くの風景画が描かれました。また、不透明水彩 絵具ことグアッシュは、昭和初期に普及しはじめ、小、中学生の頃、だれもが手にしたことがあり思い出のある方も多いでしょう。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
版画の歴史 すぐれた版画家であり高校教諭であった故高橋信一。その両津高校での版画指導と成果は、国内はもとより海外でも高く評価されていました。退職後は島内各地を回って精力的に版画指導を行い、「版画村運動」を推し進め、昭和57年には「 ...
当館のコレクションは古今東西の版画の歴史をカバーし、版画のことなら全て理解できることをめざして形成されたユニークなものであり、他に類を見ません。年間を通じて企画展を開催し、色々なテーマで版画の魅力をご紹介しています。 ...
古今東西の版画の歴史が理解できるようにと集められたコレクションは1万8000点を超える。収蔵品の展示では、版画の技法も常時わかりやすく解説。また、さまざまな技法の版画制作ができるアトリエを完備するなど、版画の魅力をあらゆる側面から堪能できる ...
ヨーロッパ風景,花などの水彩画・スケッチ・イラストを多数展示。◆風景スケッチの 描き方・水彩と風景の日記(ブログ)・水彩画教室の案内◆2006年春に水彩画の技法書「 水加減で描く・風景スケッチのコツ」をグラフィック社より刊行予定
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
西洋は唐日本より西にある国土をさして云也。世界を経度にして量ときは、三千里程もあるべし。海路を渡りては一万余里程あり。其遐き国土を欧羅巴と名け、世界の一大洲にして、日本の如き国数千あり。其中にネーデルランドと云国、七州併て一国なり。其一州を阿蘭陀(ホルランド)と云なり。彼西洋諸国の画法は、皆同風にして之を蘭舶齎し来りて、日本に今ある者多し。故に之を呼て阿蘭陀画とも云。 西洋諸国の画法は、写真にして其法を異にす。和風漢流の画を作る者は、甚だ奇怪の事として学べきとも不思、為べきの手だてなく、画と云ものには非ず。細工にして作るものと云者あり、愚なる事也。細工とは微細の物を云。和漢ともに細画は皆細工にして、毛髪鬚髭[しゅし]の如き一毛宛描たるあり。西洋の画法にて毛髪を描には、一筆にして之を望むに細毛の如し。嘗ては筆勢筆意に拘らず、筆は元画を作るの器なり。牛を画て牛の意を取ずして、筆意のみあらば一点の墨も牛なり。譬ば医の病を治するに薬を以てす。薬は則粉丹なり、医は筆なり。病は画也。医の良薬を以て之を治せんとするに、病の発起する処を知らざるが如し。画も亦同理、西画は只能造化の意をとるのみ。和漢の画は、翫物にして用を為ず。且て西画の法に至りては、濃淡を以て陰陽凸凹遠近深浅をなす者にて、其真情を摸せり。文字と用を同ふする事、文字を以て誌すと雖、其形状に至りては、画に非ざれば之を弁じがたし。故に彼国の書籍は画図を以て説き知らせるもの多し。豈和漢の画の如く、酒辺の一興、翫弄戯技をなすの比ならんや、真に実用の技にして治術の具なり。譬ば人魚骨奇薬にして、蘭書中に伝記あり。印度亜の海島安貝那(アンポイナ)と云島捕へ獲物にして、
絵画技法論特講」においては、技法の本質について洋画・日本画・版画等の幅広い技法 分野から考察するものである。これによって専門家としての表現と技法にアプローチする 糸口を与えようとする。「洋画技法演習」においては上記「絵画技法論特講」に ...
高橋由一は、1861年に報道画家として来日したチャールズ・ワーグマンに師事して西洋画 の技法を学び、日本洋画の端緒をひら ... しかし洋画家たちの中には、西洋の絵画技法 をもって、日本という異なる環境で異なる対象を描く時、岸田劉生のように、西洋と ...
本屋さんに売ってる「やさしい水彩〜」みたいな技法書って、丁寧なようで 肝心な所が 抜けてて理解出来ないなんて思ったりする。 ... そんな思いで市販の技法書を読んで、 足りないって思っている部分を 補足するつもりで
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
日本版画の歴史がまとめて見られる絶好のチャンス! こんにちは、ソウルナビです。今日は世界的に好評を博している日本の版画を紹介するイベント「日本の版画1950−1990」展をみなさんにご紹介しましょう。今回の展示会は日本国際 ...
古典技法の学習を深めることで、多様な表現技法や素材に関する知識を修得。 日本画制作に対する視野を広げ、各自の表現の ... これまでに体得したさまざまな日本画 の技法、絵の具づくりや紙漉きの技術を余すところなく生かし、自由な作品制作を進め ...
日本画の、膠・胡粉・岩絵具・顔料・墨・箔などの素材とその用具など、伝統的な制約 が大きい日本画の技法を自由に駆使できる ... 現代絵画のめざす、より自由で新鮮な創造 には、日本画の素材、用具、技法を自由に駆使できるまでに相当な努力と忍耐を必要 ...
源内から西洋画の陰影法・明暗法を教えられた直武は洋画技法に驚嘆し、源内が秋田に とどまっている間中、源内に同行し、洋画の ... 源内から教授された洋画技法は小田野 直武を通して藩主・佐竹義敦に伝えられ、その画法を中心として洋画を志す角館城代・ ...
均一に塗ることも一つの技法ですが、水の作る偶然のムラやグラデーションを利用する と、水彩独特の表情が出ます。 ... 透明水彩の技法は、基本的には明部に紙の白を残 しながら描写します。細部を描きこむ時には先の尖った筆で慎重に進めます
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
第二部 「西洋画科」の設置と白馬会の時代. 第三部 官展と在野団体の時代. 第四部 自画像,第一部 草創期・工部美術学校時代・洋画排斥時代. 明治維新前後に始まる近代日本洋画の歴史の草創期をたどります, yamamoto 上図:「猛虎一声」 山本芳翠 1895.
逆に当館では郷土作家に影響を与えた作家の作品収集が遅れています。日本の洋画界における郷土作家の正当な地位や影響関係を把握する上でも、日本の洋画の歴史の流れを把握できるような収集も併せて行っていきます。
郷土の洋画の歴史は、1876(明治9)年に河野中華(画家河野通勢の父)が愛知県第一師範学校に、また1882(明治15)年に藤田正忠が愛知県第一中学校に、それぞれ画学教師として着任したときからはじまります。 その後、小山正太郎の不同舎に学んだ鈴木 ...
原画の技法って分かっていそうで意外と分からないもの。 油絵の具をたっぷり使って 描かれていれば分かりやすいけど、薄塗りでさらっと富士山なんかが描かれていたら、 これは日本画?洋画?って思ったことありませんか? 絵画の作家は主に洋画家と日本画家 ...
ひとつの絵の中をよく見ると、さまざまな表現テクニックが見つかります。まずは、下の 作品から、どんな技法が使われているのかを探してみましょう。技法をより多く知ること は、表現を豊かにする近道ともなります。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
版画の技法,版画の種類. ... 版画の種類について 版画の技法には大きく分けて、 凸版画、凹版画、平版画、孔版画の4種類があります。 ... バルビゾン派の作家が作品を制作した のみで、一般的な版画技法にはなり ませんでしたが、ミレーやコローが版画として製作 ...
その他 現在、版画の範疇は広がり、様々な 技法によって制作する版画作家が増えています。 等ホームページに登場する版画技法を説明します。 ダイヤモンドスクリーニング, 従来の版画 技法では表現できなかった微細で鮮明な色彩が、高精密な印刷技術により表現できる ...
日本版画の歴史がまとめて見られる絶好のチャンス! こんにちは、ソウルナビです。今日は世界的に好評を博している日本の版画を紹介するイベント「日本の版画1950−1990」展をみなさんにご紹介しましょう。今回の展示会は日本国際 ...
古今東西の版画の歴史が理解できるようにと集められたコレクションは1万8000点を超える。収蔵品の展示では、版画の技法も常時わかりやすく解説。また、さまざまな技法の版画制作ができるアトリエを完備するなど、版画の魅力をあらゆる側面から堪能できる ...
大半の油絵作品が「厚紙」を支持体として描かれており、通常私が考えていた油絵技法上の「タブー」が公然と行われていました。 これが、単に材料の代用や単なるエスキースのための下地として使われているのではなく、ある効果を狙って計算された材料の用法であると見て取れるのです。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
日本の洋画の歴史をたどる際、ヨーロッパやアメリカとの関係をさけることができません。日本画の世界も海外の美術を意識して複雑な動きを示していますが、もともとヨーロッパから伝えられた表現技法である洋画は、もっと直接的な影響を受けています。 ...
「前衛」「戦後の新たな表現」「戦後 海外で活躍した画家たち」「現代の洋画」など、それぞれ特色あるテーマにふりわけ、わが国洋画の黎明期の表現からもっとも新しい動向まで約150点を精選し、130年にわたる日本洋画の歴史をふりかえります。 ...
この展覧会では、日本を代表する明治の洋画家の作品を一同に展示し、半世紀に渡る洋画の歴史の中で画家たちの意識の変化が作品の物質的側面をいかに反映しているかを、作品と並列したX線写真や赤外線写真、紫外線傾向写真を手がかりとして読み解き、明治 ...
絵画学科洋画専攻. 今日の芸術表現は多様化し、素材や手法も多岐にわたっています。 本専攻では、平面造形、立体造形、空間構成、映像などの幅広い分野に目を向け、学生の 自由な発想を生かした創作活動を支援。基礎力を養成しながら、さまざまな素材、技法 ...
有名なファン・アイク兄弟により確立された油絵技法の濫觴です。この時代、下塗り にはテンペラグラッサに似た油成分を含む ... 以後の油絵技法は、ベネチア派または第2 フランドル技法の延長線上にあり、作家それぞれが味を加えていると考えられます。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
中村清治:1935年 神奈川県に生まれる /1958年 東京芸術大学油画科卒業 /1970年 第1回「あすか会」展参加(梅田画廊/以後毎回出品) /1974年 上野の森85年の歩み展’98年迄続く /1976年 渡仏し制作活動 /1981年 第1回「杜の会」展参加(以後毎年出品)2000年迄 /1983年 渡欧(スケッチ旅行) /1987年 中村清治展(読売新聞社主催、東京、名古屋、大阪) /1992年 個展(東京、大阪、富山、北海道) NHK趣味百科「絵画への誘い」講師 /1994年 中村清治展(読売新聞社主催、東京、名古屋、大阪) 以後個展多数
洋画家/中村清治は女性像・裸婦を得意としている。
藤田嗣治:東京生。東美校卒。渡仏し、乳白色の絵肌に線描する独自の作風を生み出し、一躍パリ画壇の注目を集めた。一時帰国し、二科会会員・帝国芸術院会員に推挙。終戦後再び渡仏し、フランスに帰化する。のちカトリックの洗礼を受けてレオナルド フジタと改名する。朝日文化賞受賞。レジオン・ドヌール勲章受章。昭和43年(1968)歿、81才。
洋画家/藤田嗣治は女性像・裸婦・猫を得意としている。
なお、洋画家という表現は、当人が自称するよりは、新聞等の画家の経歴紹介や訃報 において、よく見受けられる。 洋画家といえば「洋行帰り」「アトリエ付きの洋館」など のイメージとともに、一種の生活スタイルをも彷彿とさせる言葉になっている。 ...
シベリア抑留中の過酷な体験を描き続けた洋画家、香月泰男(1911〜74年)の「 シベリヤ・シリーズ」の一つであり、初期の作品にあたる。 ハトを描いた作品で有名な ものに「鳩と青年」(54年)がある。香月は当時の毎日新聞紙上で制作意図を「平和 ...
油絵技法講座 古典技法で自画像を描く 斎藤國靖(本学教授)+油絵学科研究室 11月20 日(土)、27日(土) 10:00〜16:00 ... はじめに斎藤國靖教授(写真左)より、日本画 と油絵の違い(接着剤の違い)や、絵画技法についてレクチャーがありました。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
そして松本竣介、坂田一男、古賀春江ら前衛洋画の巨匠に至るまで、日本の近代化とともに歩んできた洋画の歴史を一望のもとに鳥瞰できる充実した内容であった。またこの中には、大原美術館にゆかりの深い満谷国四郎と児島虎次郎の二人の洋画家の作品が多数 ...
また明治11年(1878)に明治天皇の巡幸に同行したほか、宮内省に作品をおさめるなど、近代洋画の歴史に確かな足跡を残しました。 当館では義松の油彩画や水彩画、スケッチなどを約600点以上所蔵しています。この展示では義松が洋画を学び、のちには亡くなる ...
油絵の技法. 入門篇, @道具を揃える. A色を選ぶ―油絵基本色の合理的選び方. B絵具 を並べる―付:巨匠のパレット. C筆を洗う. 基本篇, @色を作る―重色と混色. A色をの せる―基本テクニック. Bグラッシ―古典的で新しい方法. Cグリザイユとカマイユ ...
油彩、テンペラ、水彩等、西洋絵画の画材と技法について勉強するサイトです。本サイト利用法については「はじめにお読みください」を。更新情報に関しては「更新履歴」をご覧ください。
油絵には用具と材料が絶対に必要である。それほど数多くはいらないし、高価なものをそろえる必要もない。 初心者ならとりあえず、オイルとバニス、絵具と筆、パレット、パレットナイフ、イーゼル、腕鎮、カンバス、少量のチョークがあれば事足りるだろう。 手軽にすませたければ、必要な品がすべて入っている錫製の絵具箱を買うとよい。この中には絵具の他に、豚毛筆・セーブル筆・アナグマ筆などの筆一式と、パレット、ナイフ、クレヨンばさみ、チョーク、オイル、バニスが入っている。これ以外にも、イーゼル、腕鎮、ガラス板、カンバスを入手しなければならない。 初心者がこれらの品をきちんと吟味した上で確実に入手できるよう、まず各用具の性質と品質について説明してみようと思う。 パレット:マホガニーやサテンウッドなど、明るい色の木材から作られている。明るい色の木材の方が、絵具の色や混色した時の色合いがよく映えるのである。こうした木材は軽量で、薄型に加工されており、手に乗せたときにバランスをとれるよう、親指を入れる穴が開いている。パレットは卵型か楕円形をしているが、卵形の方が絵具を並べやすい上に、絵具を混ぜるスペースを広く取れて便利なので、広く用いられている。 木製のパレットは使用前に生リンシード油でよく磨き、油を染み込ませておくとよい。オイルでよく磨いておくと乾いてから表面が堅牢になり、パレットに絵具が浸透してシミになるのを防ぐのである。このように下準備しておくと絵具を簡単にふき取ることができ、絵具を混ぜ合わせるのに適した硬く光沢のある表面を保つことができる。
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
東京藝術大学。その地下倉庫に今日の作品は眠っていました。幅44cm、縦135cm、異様に縦長の絵です。今日の一枚、1877年、高橋由一作『鮭』。生々しいその匂いまで漂ってきそうです。誰かからのお歳暮なのでしょうか。台所に置かれた新巻鮭。ピンと張った縄から、それがなかなかの大物であることがわかります。切り身にされた部分は、もう食卓に上ったのでしょうか。あなたは、この絵から何を感じますか?しょっぱい香り?ざらざらとした鱗の肌触り?でも、何故鮭?それも新巻鮭だったのでしょうか?題材として、決して美しいものではありません。何故画家は、新巻鮭をこれ程丹念に描いたのでしょう? 描いたのは、侍でした。高橋由一、江戸最後の、そして明治で最初の洋画の巨人と言われた人です。彼はこの国の油絵の歴史を押し開きました。とにかく真面目、とにかく頑固な人でした。高橋由一、栃木・佐野藩の下級武士の息子、と言っても生まれも育ちも江戸藩邸。幼い頃から画才があるとされ、狩野派の絵を学んだ由一。彼の運命を変える出会いがあったのは、ペリーの黒船がやって来た頃でした。260年続いた江戸の幕藩体制の終焉が近づき、海の向こうから新しい文化が怒濤のように押し寄せて来る。時代が騒然とする中で、二十代半ばの由一が出会ったもの、それは西洋からやって来た一枚の石版画でした。
岩崎氏の絵は力強く、「凛とした美しさ」は明治以降の洋画の歴史において極めてユニークなものと思えます。文豪川端康成は岩崎氏を評して「神様絵かき」と呼んでいました。「赤い着物の女」女十二題より, ●小村雪岱 明治20年〜昭和15年(1887〜1940) ...
その時代にそれぞれが属していた会派の作風と、画家本人の個性が感じられるにとどまる。そこには100年を少し超えるだけの歴史を持つ、日本の洋画の歩みが凝縮されている。それは新潟県の洋画の歴史であり、日本の洋画の歴史でもある。
浅井忠は黒田清輝とともに日本近代洋画界の先駆者と呼ばれ、その存在がなければ日本の洋画の歴史は確実に遅れていたと言われています。 浅井のデビュー当時の傑作である『収穫』の陰には、浅井が生涯の師と仰いだアントニオ・フォンタネージの存在が ...
この展覧会は、明治維新前後に始まる近代日本の洋画の歴史を、 東京藝術大学大学美術館コレクションのみによってたどります。 日本の洋画の歴史をたどることにより、 東京美術学校における洋画教育の歴史をもかえりみる試みです。 ...
絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画 絵画
ダビンチは手記「絵画論」1436年の中で「光の入射角によって作られる角度が最も直角 に近い時、最も明るい光が見られ、それが最も直角から離れた ... ダビンチは「絵画論」 の別の箇所で、広い面積の拡散光源が、形と色を最も美しく見せると主張している。 ... 形態の構造は単純な線によって抽象化し、認識される。15Cルネッサンス期に透視投影の研究のために描かれたとおもわれる「聖餐盃素描」は、CGと同様のワイヤーフレームで描かれている。 32分割の回転体に組み合わされた3つのドーナツ状の環の部分が、隠線消去されていないので、作者の関心が形態の表面ではなく、形態の構造にあることが明白である。「聖餐盃素描」の座標データを抽出しパソコンで再現してみると、その機械的な正確さが良くわかる。
絵画論・ 絵画表現の目的や役割、価値 概念について考察する。西洋絵画の潮流を念頭に、その理解. に立ち、絵画表現の造形性 に触れながら、成り立ちや意義を考える。 基本的な造形用語の理解を通して
日本の洋画の歴史をたどる際、ヨーロッパやアメリカとの関係をさけることができません。日本画の世界も海外の美術を意識して複雑な動きを示していますが、もともとヨーロッパから伝えられた表現技法である洋画は、もっと直接的な影響を受けています。 ...
日本の洋画の歴史をたどる際、ヨーロッパやアメリカとの関係をさけることができません。日本画の世界も海外の美術を意識して複雑な動きを示していますが、もともとヨーロッパから伝えられた表現技法である洋画は、もっと直接的な影響を受けています。 ...
高橋由一は、1861年に報道画家として来日したチャールズ・ワーグマンに師事して西洋画 の技法を学び、日本洋画の端緒をひら ... しかし洋画家たちの中には、西洋の絵画技法 をもって、日本という異なる環境で異なる対象を描く時、岸田劉生のように、西洋と ...
原画の技法って分かっていそうで意外と分からないもの。 油絵の具をたっぷり使って 描かれていれば分かりやすいけど、薄塗りでさらっと富士山なんかが描かれていたら、 これは日本画?洋画?って思ったことありませんか? 絵画の作家は主に洋画家と日本画家 ...
支持体の上にのせる色材としての描画材料。 ここから日本画絵具として使われる様々 な素材の紹介と特性や扱い方について解説します。 日本画絵具 ... 技法 サムネイル( 上段の小さい画像)をクリックすると、このウィンドウに詳しい内容を表示します。 ...
明治以降の日本画も、このような日本画の歴史と無縁ではありません。西洋絵画の影響を受けながらも、自然の姿を通して作家の思想や感情を表そうとする姿勢が受け継がれているのです。 しかしその一方で、さまざまな人間表現が試みられてきたのも、明治 ..
明治に入り、急激に西洋文化の流入が進むなか、日本画の近代化に心血を注いだ岡倉天心は、明治31(1898)年、36歳の若さで東京美術学校校長を辞し、同志や弟子たちと美術団体「日本美術院」を設立しました。しかし、30年代後半、大きな情熱を傾けた日本美術院の運動が行き詰まったため、39年に天心は、再建を期して第一部(絵画)を茨城県北茨木市の太平洋に臨む景勝地、五浦(いづら)に移転します。そして天心に従った横山大観、菱田春草、下村観山、木村武山の4人は、家族を伴ってこの地に移住し、新日本画運動の回生をはかるべく新しい日本画の創造に邁進しました。 五浦の日本美術院研究所では、4人が一列に並び制作に励み、とくに大観と春草は自分たちの生み出した新描法「朦朧体(もうろうたい)」の改良に努力します。こうして天心の指導のもと、五浦での研鑽によって生まれた作品は、文部省美術展覧会などで高い評価を得て、近代日本画の歴史に残る名作となり、その成果は天心の死の翌年に再興された日本美術院で大きく花開くことになります。 そして、日本画の近代化を推し進めた彼らの精神は、次代の優れた新鋭たちに脈々と受け継がれ、日本美術院は今日まで日本画壇における重要な一翼を担い続けています。 本展では、新しい美の推進者だった4巨匠の代表作や秀作を、前期・後期にわけて一堂に展覧し、日本画の革新に燃えた彼らが近代日本画史に果たした役割を検証するとともに、その軌跡をたどります。
印刷と版画の歴史. この図版は、日本の印刷・版画の歴史的トピックから選んだものである。時間的順序で言えば、この図版の前に、「本の歴史――国会図書館・ディジタル貴重書展」で見られるような歴史があり、それから、ここで見せる江戸時代特有の ...
版画家長谷川潔の手を経て芸大の所有に帰したこのプレス機は、寄せては返す波のような版画をめぐる東西交流の象徴です。 この象徴を核として、第I部では江戸後期から創作版画時代までを、第II部では第二次世界大戦から現在までの版画の歴史を振り返ります ...
絵画ネット販売のANGアートマーケット