木内克
一覧へ戻る
0901yu13
国籍日本
作家

木内克

題名
種類ブロンズ
寸法H=62cm
制作
署名鋳造サイン
証明特にナシ
書籍特にナシ
台座良好
価格\980,000
\800,000
状態
キズ
ヒビ
剥落
欠ケ
汚レ
シミ
ヤケ
退色
折レ
破レ
データーの項目説明 作品のご質問・お問合せ
memo

木内克 (きのうち よし) 1892年茨城県に生まれる。1977年没する。上京し同郷の彫金家、海野美盛に学んだ後、1914年朝倉文夫の塾生となる。1916年第10回文展に入選。以後官展に出品するが、1921年渡英。翌22年パリに行きグランド・ショミエールでブールデルの指導を受ける一方、藤田嗣治、福沢一郎らと交流しながら自由研究を続け、アルカイック期のギリシャ彫刻に傾倒する。同時に、原型から型どった粘土を素焼するテラコッタの技法の修得に努める。1935年に15年間の滞仏を経て帰国。翌年から1940年まで二科展に出品。滞欧作は戦後の1948年第2回新樹会展に招待出品し、テラコッタによる独自の表現が新鮮な驚きをもって迎えられ高く評価される。1951年新樹会会員。同年第3回毎日美術賞、1962年第5回現代日本美術展優秀賞、70年第1回中原悌二郎賞を受賞した。没年の翌年1978年茨城県立美術博物館で遺作展が開催されている。
価格は額縁等を含む税込です。ただし額縁等ナシと表示された作品は、ご希望により、別途額縁代等が必要となります。

彫刻のアートマーケット
アートマーケット
サイトご利用説明

木内克